夏の訪問着(重宝な一枚) « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

夏の訪問着(重宝な一枚)

梅雨入りとなり、しばらくはうっとうしい日が続きますね。

あっさりした波頭柄の夏の訪問着をご紹介します。

sRIMG1477ベージュ地色に、裾と袖に紫ネズ色の波頭が描かれています。

上前と左胸には波頭からのしぶきが刺繍で表しています。

sRIMG1470

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG1474上前の波しぶき刺しゅうがお判りでしょうか?

生地は筬透かし織りになっており、6月中旬から盛夏~9月中旬まで着用できます。

 

帯は金糸使いの絽袋帯を合わせ、結婚式やパーティーなどの準礼装を念頭にしてみましたが、

軽めのカジュアルな帯を合わせると観劇や食事会などにも、おしゃれな装いとなるでしょう。

 

年齢巾も広くこの様な着物が一枚あれば、夏の行事には安心でしょう。

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top