当店オリジナル男児陣羽織 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

当店オリジナル男児陣羽織

男児七五三祝い時に、お宮参り祝着(のしめ)を使われる場合の提案です。

男性の場合正装は羽織・袴と言われるように、男児の時でも着物に上着を着るのが正装です。

 

特に上等のお宮参り祝着をご利用の場合、

当店では、袖の柄が見えるように袖なしの紋付羽織(紋付陣羽織)をお勧めしています。

sRIMG1567 sRIMG1566

※これはお客様の注文品ですから、

了解を得て掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お宮参り祝着(のしめ)の柄の中の一色から別染めして色を決めています。

袴を着装した上からこれを羽織るととても素敵ですよ!

着物と陣羽織の紋が同じであることも、さらに上質なこだわりを感じさせます。

 

誂え染めでお受けしているため、ある程度の日数をいただいております。

(日数は、染め・仕立ての都合により変わるのでお問い合わせください)

 

着物がお宮参り祝着をご利用される前提ですから、特に体格の良いお子様の場合は

満4才でお祝いされることをお勧めします。

 

参考にして下さい。

 

 

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top