七五三祝いの装い-お子様が楽に着られる被布姿 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

七五三祝いの装い-お子様が楽に着られる被布姿

本来、11月に行なう七五三祝のお宮参りもちらほらと見かけるようになりました。

(レンタル前撮りなどの影響で、早まっているのかも知れませんね)

 

女の子は3才と7才、男の子は3才と5才でお参りされるのが一般的です。

ご家庭の都合で3才、5才、7才全てでお参りされるお子様もおられるようです。

sRIMG1834

お宮参り時に使われた一つ身きものを、縫い上げなどの手直しをして5才までは、

何んとかご使用できます。

 

3才(女児)でのお宮参りは、結び帯使用の方が華やかにはなりますよね。

しかし、身長が90cm前後のお子様の場合は被布の方が良いかもしれませんね。

 

締め付けるものが何もないので、お子様自身も楽です。

sRIMG1839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物を着た後に兵児帯を後ろで結んでおくと、

被布を着た時に背中が少し盛り上がり、かっこよく出来上がります。

 

被布揃っています。 お早目に!

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top