男物ゆかた・近江ちぢみ « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

男物ゆかた・近江ちぢみ

梅雨入り発表後、太陽の陽ざしが一段と厳しさを増したようです。

 

男物の浴衣と近江ちぢみを紹介します。

sRIMG2134

白地にこげ茶色の柄が染められた、流行のない、爽やかな感じがします。

竺仙のコーマ白地の代表的な男浴衣(綿100%)です。

三十数年前までは、着古した浴衣は赤ちゃんのおむつとして再利用されていたようです。

リーズナブルな綿角帯(綿100%)を合わせています。

 

sRIMG2135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒地のローケツ柄のモダンな竺仙ゆかたです。

米沢織の無地生成り色の無地角帯(絹100%)を合わせています。

 

sRIMG2141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近江ちぢみの中で、秦荘上布と呼ばれ、麻50%・綿50%の上級ゆかた感覚で、

外出着としてもおしゃれです。

手もみの技でシボのある表情に仕上がっています。

紋博多織りの角帯(絹100%)で大人のオシャレが感じられます。

 

参考にして下さい。

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top