“ねん金綴錦”袋帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

“ねん金綴錦”袋帯

名古屋の徳川美術館に保管されている名物裂の一つに「黄金のねん金袱紗」があります。

その裂を復元して帯にしたのが”ねん金綴錦”帯です。

sRIMG2769

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ねん金”とは、真綿糸に金箔を巻きつけて金の糸を作る技法です。

 

手引き真綿糸の太さの差異によって、巻きつけられた金箔の隙間が異なり、

それが一枚の裂になった時、金箔の輝きに陰影をつくりだします、

sRIMG2757

 

sRIMG2761

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この味わい深い光沢は、礼装・準礼装のキモノにより一層のシャレ感を醸し出してくれます。

さらに、淡い地色のキモノにも、濃いキモノにもたいへんマッチいたします。

sRIMG2764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃いキモノには

sRIMG2765

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度手に取って、生地の滑らかさえを実感してください。

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top