“名物裂”の小物 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

“名物裂”の小物

ここ数日、とても寒い日が続いていますね。

インフルエンザも流行っているようで、外出後は手洗い・うがいは忘れずに!

 

名物裂の手提げや数寄屋袋、懐紙入れが入荷したので紹介します。

sRIMG2772sRIMG2773

 

 

 

 

 

 

 

 

素材はすべて絹です。

「名物裂(めいぶつぎれ)」とは、鎌倉時代より江戸時代にかけて

主に中国から日本に伝わってきた最高級の織物で、茶人千利休や小堀遠州の名前や、

文様からの名前が付けられ、博物館などで大切に伝えられてきたものです。

 

〈手提げ〉

sRIMG2774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG2776

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG2777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈数寄屋袋〉

sRIMG2778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG2780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈懐紙入れ〉

sRIMG2781

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG2782

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数寄屋袋や懐紙入れはお茶席には必需品だと思います。

参考にしてください。

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top