からむしの帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

からむしの帯

梅雨時期らしいうっとうしい日ですね。

生産量が極めて少ない”からむしの帯”の紹介です。

sRIMG2838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「からむし」とは、上布、

つまり麻の最高級衣料の素材となる青苧(あおそ)のことを言います。
苧麻と呼ばれるイラクサ科の植物から取り出した繊維製品である青苧。
もともと熱帯アジアが原産で、日本には北海道以外の全国に自生しておりました。

sRIMG2839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生成り色の織柄無地帯は、夏場のどのようなお色柄の御着物とも調和がとれ、
夏ならではの、素材感あふれるお洒落を楽しませてくれます

sRIMG2841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越後産の青苧は大変有名で、

麻布といえば「越後の青苧」という観念が存在していたほどでした。

ここでは、紗紬生地に雪輪柄を染めた着物の合わせてみました。

sRIMG2836

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢層も幅広く、単衣の着物から盛夏までカジュアルなおしゃれを十分に楽しめるでしょう!

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top