板締め絞り « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

板締め絞り

宮崎県や四国地方にかなりの被害を及ぼしている台風24号。

これから関西地方では、影響が少ない事を願っています。

 

板締め絞りの着物を紹介します。

sRIMG2892

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG2895

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”板締め絞り”とは、絞り染め技法の一種で、

折り畳んだ布をいろいろな形の板で挟んで、防染により模様を表す染色技法です。

 

折り畳んだ生地が、挟んだ板の隙間から染料が入込み

偶然の染めで面白い変化を楽しむことが出来ます。

 

正倉院裂(ギレ)の夾纈(きょうけち)が源流と考えられます。

sRIMG2896

 

中間色地色の染め帯を合わせて、やさしいおしゃれ感が味わえます。また、黒地織名古屋帯をあわせると・・

sRIMG2906

 

 

 

名古屋帯といえど、華やかさと豪華さが演出され、パーティーなどでも引き立つ事でしょう。

この板締め着物は、長コート仕立てにしても素敵なコートになるでしょう。

 

参考にして下さい。

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top