本場久米島紬&本すくい八寸帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

本場久米島紬&本すくい八寸帯

新作の本すくい八寸帯が入荷したので、

希少価値の高くなった本場久米島紬と組み合わせてみました。

sRIMG2977

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の紬絣技法は久米島から入ってきたといわれ、大島紬、久留米絣、結城紬などに広まっていたとされています。久米島紬は、蚕から取った真綿でつむいだ糸を原料糸として、天然の草木、泥染めによって染色します。織りは、手投杼を用いて丹念に手織りで織り上げます。これらのすべては伝統を踏襲し、一貫した手作業を一人の織子が行うところにあります。

一言でいえば、最も原始的な作業で織られた絹織物といえますね。

sRIMG2979

 

このすくい八寸紬帯には

「裂取ペルシャ草紋」のタイトルがついています。

斜めの赤い線がとても効いていてしゃれています。

sRIMG2981

 

このすくい織は、すべて指先の技巧だけで、爪やつげの櫛で、よこ糸を掻き寄せながら織るので、斜めや波形なども自由自在に織ることが出来ます。

そのため、文様(柄)に立体感が生まれます。

sRIMG2982

 

腹柄をアップしています。

締め心地の良さも含めて是非一度着用していただきたい一品です。

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top