お誂え”袖付肌襦袢” « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

お誂え”袖付肌襦袢”

晴れてはいるものの梅雨が近づいている感じですね。

 

立て続けにお客様から”袖付肌襦袢”の注文を受けましたので、紹介します。

日舞などのお稽古をされている方からの注文が多いようです。

 

既製品もありますが、自分の体型・きものに合った肌襦袢が良いとの事で注文を受けています。

sRIMG3043

 

 

 

 

 

 

 

 

上質サラシ生地の身ごろに半襟を付け、ポリエステル生地の袖を付けています。

肌襦袢と長襦袢が一緒になった様なものです。

sRIMG3048

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背には紐を一本取り付けています。(クリ腰を固定する為です)

汗が付いたら、洗濯機でネットに入れて丸洗い可能です。

 

これは、袖だけを絹素材で作った肌襦袢です。

sRIMG3039

 

 

 

 

 

 

 

 

絹の着物には、絹の袖の方が馴染みは良いでしょうね。

簡素化した長襦袢と考えたら良いかと思います。

 

価格は既製品(出来上がり品)の2倍強です。

袖の素材を麻生地を使うことも出来ます。

 

汗をかく様な時には便利ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top