米沢織夏きもの&麻型絵染め名古屋帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

米沢織夏きもの&麻型絵染め名古屋帯

九州北部も梅雨入り間近な天気です。

米沢織の単衣・うすもの着物と麻型絵染めの名古屋帯を紹介します。

sRIMG3051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米沢織にて経縞柄に織られた単衣・夏物のきものです。

先染でお召風に織られた生地にはシャリ感があり肌触りがよく、とても着やすい着物です。

sRIMG3053

 

 

 

 

 

わずかに透けているのがお判りになるでしょう。

 

 

帯びは、麻の型絵染め名古屋帯をコーディネートしています。

sRIMG3060

 

 

 

 

 

柄は芭蕉かとうもろこしの葉の様で

私もよくわかりません。

タレは黄色の無地にしても、柄をもってきても

お好みでどちらにも仕立てられます。

絽目に織られた麻生地は、適度に張りがあり軽くて扱いやすい帯になります。

芯を入れて名古屋帯仕立てとなります。

 

食事会や美術館めぐりなど特別なおしゃれを楽しみませんか?

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top