夏のキモノ”明石ちぢみ”&帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

夏のキモノ”明石ちぢみ”&帯

ようやく梅雨入りをして、湿度の高いうっとうしい日が続きます。

爽やかな夏のキモノ”明石ちぢみ”と帯の紹介です。

sRIMG3074

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sRIMG3076

 

 

 

 

 

 

 

 

この明石ちぢみは、新潟県十日町で作られた絹織物です。

撚りをかけた生糸で織られ、さらりとした清涼感ある着物です。

生地の透けたのがお判りいただけると思います。

sRIMG3078

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の染め帯をコーディネートしてみました。

絹芭蕉生地に更紗柄の京紅型の帯です。

上品なやわらかさが感じられます。

 

織の夏帯をコーディネートしてみると・・

sRIMG3081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味性が出てよりカジュアルな雰囲気があります。

手長エビをすくい織で表し、今にも動き出す様に織られています。

sRIMG3080

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な着物姿を街で着かけたら、皆振り向かれますよね。

うっとうしい一日に、わずかな涼感を!

 

 

 

 

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top