絹紅梅きもの(ゆかた)&型絵染名古屋帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

絹紅梅きもの(ゆかた)&型絵染名古屋帯

前回は”綿紅梅ゆかた”を紹介したので、

今回は絹紅梅ゆかた(きもの)を紹介します。

 

帯は型絵染の名古屋帯をコーディネートしています。

帯の素材は絹100%です。

RIMG3362

 

竺仙の絹紅梅は、約5㎜間隔に太めの綿糸を格子状に織り込み、地の部分に縦4本、緯7本の細い絹糸を織り込んでいます。まるで、セミの羽のように軽く、清涼感溢れる透け感ある織物です。

絹85% 綿15%

透け感がおわかりでしょう?!

RIMG3363

この柄は、小さなもみじの吹き寄せ文様です。

染加工は、江戸小紋同様の手付けの型置き後に、”しごき染め”で仕上げています。

染め難い凸凹の紅梅の生地のもかかわらず、型紙を使用して繊細な柄を染め上げています。

 

麻の長襦袢をを着て、夏のお洒落着物としての着用をお勧めします。

数少なくなった夏キモノの一つと言えます。

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top