絹芭蕉キモノ&麻染名古屋帯 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

絹芭蕉キモノ&麻染名古屋帯

新型コロナの緊急事態宣言も解除され、少しづつ経済活動も回り始めたようです。

 

当店もお客様に対して「ご来店くださいませ」と言える様になったのでしょうが、

現実はまだまだ先が見えません。

 

それでもお客様のおしゃれ心には元気を与えなければなりません。

 

今回は、絹芭蕉のキモノを紹介します。

(絹芭蕉は以前一度紹介し、繰り返しになりますが・・・。)

 

芭蕉布の張り、シャリ感を絹糸で薄く織り上げた織物です。

RIMG3374

透けて見えるのがお判りになると思います。

 

絹糸の生紬を夏用に薄く織り上げた生地です。

仕立ての際は後ろ身頃に薄い生地で居敷当てをつけます。

後染めに目張り柳の柄を染めています。

 

今回は麻の染帯をコーディネートしてみました。

RIMG3368

藤ねず地色に額アジサイの柄が描かれています。

芯を入れて名古屋帯に仕立てます。

RIMG3371

 

夏のキモノはどれも風情があって本当にいいものですね。

今年の夏、挑戦してみませんか!?

応援しますよ!

 

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top