切らずに作る”カンタン帯(文化帯)” « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

切らずに作る”カンタン帯(文化帯)”

お手持ちの帯を切らずに”カンタン帯”に作り変え、

簡単に、しかもきれいに着物姿が仕上がる紹介です。

 

ご自分の体形や帯の種類に合わせて、

お太鼓の大きさ・タレの長さ・前の長さを決めて切らずに作ります。

IMG_0354

 

帯揚げを巻いた帯枕をお太鼓に通して背にからいます。

IMG_0348

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯枕を通したお太鼓を背にからい仮結びしたら、

前部分をお太鼓の下へ通し帯に付けていた紐を前で結ぶ。

IMG_0345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯締めを締めて、帯枕の紐と帯揚げを整えれば、はい出来上がりです。

IMG_0346

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物着用後から帯結びの所要時間は5~6分です。バッチリきれいに着ることが出来ました。

 

慣れたらもっと手際良く、早く着れると思います。

 

今までは、お出かけ1時間程前から着付けに取り掛かり、

お太鼓やタレ長さが気に入らなければやり直したりと、

時間と体力を使い果たし、お出かけ前からグッタリされる方が多かったかも・・?

 

簡単に、きれいに早く着付けが出来れば、着物着用機会ももっと多くなると思います。

万一、”カンタン帯”が気に入らなくなったら、留めている糸を解けば元の一本の帯に戻ります。

 

ちょっとしたお出掛けにも、着物を着ることがより一層楽しくなる事でしょう。

一度、やってみる価値はありますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top