春のきものコーディネート-その1 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

春のきものコーディネート-その1

はんなりとした京小紋と

手描き絹シナ布帯のコーディネートを紹介します。

京小紋と絹シナ布帯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手に取り良く見ると、引田絞りの頭こすりのような柄が全体につまった小紋です。

江戸小紋では味わえない、はんなりとした京小紋で、無地感格でも着られます。

若い方からご年配の方まで、帯しだいのきものです。

京小紋きもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絹地ながら、シナ布の様な味わいのある生地に、春の野菜を琳派風に描かれています。

手描き絹シナ布帯

 

 

 

 

 

 

 

 

「桐山紫香 作」

小物を合わせて

 

 

 

 

 

 

 

 

淡い青緑系の帯〆・帯揚げを合わせてみました。

やさしい春風の中を素敵に歩いてみませんか?

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top