”夏長襦袢”の合わせ方 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

”夏長襦袢”の合わせ方

桜の花見季節になると、晴れた日には初夏の風を感じられる様になります。

この季節になると、夏素材の長襦袢が活躍しだします。

 

着物は袷だけれども、襦袢は夏用という具合です。

但し、半襟は冬用のを付けてください。

 

それではここで、夏用長襦袢をご紹介します。

 

まずは絹素材の長襦袢で、袷の裏地にとても馴染みよく、最高に着心地の良い襦袢地です。

sRIMG2802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次も絹素材で、紋紗襦袢です。より夏向きになり、真夏の暑い日でも爽やかさが感じられるでしょう。

sRIMG2801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、小千谷麻絽襦袢で、麻100%です。

シワはどうしても出ますが、吸湿に優れ、紬生地の様な張りのある着物とは相性抜群です。

ご家庭にて水洗い可能です。

sRIMG2799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、竹繊維が織り込まれたポリエステルの襦袢です。

もちろん、ご家庭でも丸洗いが出来、、扱いやすくリーズナブルな襦袢と言えます。

sRIMG2796

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで紹介した夏襦袢は、袷の着物にはもちろん単衣にも、夏帯着用までは冬半襟を使います。

夏帯着用になると、絽半襟や麻半襟などがお勧めです。

 

汗ばむ季節には、夏襦袢で爽やかなキモノライフを楽しみましょう!

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top