古いカビの紬の着物 « 特選呉服きし 久留米市善導寺町きもの専門店 きし呉服店 箪笥をあけてみませんか?きもののお手入れからコーディネートまできし呉服店がプロの目線でアドバイス

古いカビの紬の着物

10年以上一度も風通しをされていない紬の着物の

お手入れを依頼されました。

 

広げると古いカビがたくさんあります。

RIMG0329

 

 

 

 

 

 

 

 

RIMG0332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

襟と上前のカビがみえるでしょうか?

古いカビが他にもたくさんあります。

 

仕立て換えてからでも着用したいとのご要望だったので”洗い張り”をしました。

RIMG0342RIMG0341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通りかなりきれいになりました。

 

しかし、表面のカビは落ちていますが、カビによる生地の変色は残り、どうにもなりません。

着物にカビが付いて4,5年以上たつと、カビによる生地の変色が進みます。

こうなる前に是非お手入れされることをお勧めします。

 

そのためには、年に一度の風通しが一番です。もしカビがあれば、広げたり畳んだりしてるときに気が付きます。2~3年内だったら間に合うことも多いと思います。

 

愛着ある着物、思い出の着物は大切に、そして新鮮な空気に当ててくださいね!

 

 

 

  • 箪笥をあけてみませんか?きし呉服店おすすめするきもののお手入れについて きし呉服店お店の紹介 成人式をお迎えの方へ きものに親しむ会

コメントは受け付けていません。

top